神戸新聞掲載「冷蔵庫の中 今こそ片付け」

4月16日付の神戸新聞朝刊にて、「冷蔵庫の中 今こそ片付け」について掲載して頂きました。
おうちタイム コロナに負けるな!!

普段できない冷蔵庫やキッチンの片付け。今こそ、やってみませんか?神戸新聞文化センター(KCC)講師で、日本清掃収納協会認定講師の後藤恵子さん(神戸市西区)に、ポイントを教えてもらった。

新聞掲載分の抜粋と追加写真を入れています。

キッチンの片づけのポイント

冷蔵庫の片づけのポイント

➀目指せ8割収納
➁定位置を決める
➂立てる・見せる

冷蔵庫の片づけのメリット

➀必要な食材がすぐに見つかる
➁食品が使い切れる
➂ムダ買いがなくなり、節約につながる

タイミングは「食品が減って買い物する前」がベスト。冷蔵室、チルド、冷凍室、野菜室に分けて順に行う。
いったん中にある物を全部出し、あればアルコールスプレー、なければ使い古しのタオルをお湯にひたしてしぼるか、電子レンジで温めて使う。

食材や調味料の賞味期限を確かめ、分類していく。かごや入れ物には記入できるテープやはがせるテープを使い、品名や日付を書いて貼る。冷蔵室をすべて埋めず、余裕のスペースをつくっておくと、その日の残り物が入れやすい

野菜室の片づけ


続いて、野菜室。ここで活躍するのが紙袋だ。いらない紙袋の取っ手の部分を切り、内側に2~3㌢折り込む。そこに野菜を入れ、野菜室に並べる。紙は形が変わるので、大きなキャベツやレタスも入れやすい。乾燥も防ぎ、汚れたらそのまま処分できる。

キッチンの片づけ


キッチンの片付けも、食品のチェックから。

冷蔵庫と同様、食品を全部出して、賞味期限を確認。使ったら使った分だけ買い足していくことで、常に一定量を備蓄する。防災でも呼び掛けられる「ローリングストック法」だ。
棚やシンク下などの片付けは、一度にやろうとすると相当な時間がかかる。1カ所ずつ、手を着けた方が良さそうだ。
整理のポイントは「その場所でよく使う物、ほとんど使わない物を分ける」。コンロ周りは鍋、フライパン、揚げ物に使う用具に絞る。後藤さんは「食器も使う頻度を考え、手放す。生活を見つめ直す機会になりますよ」と話す。

掲載以外の写真を追加しました。ご参考にして下さい。

冷凍庫の写真(追加)

冷凍室は、タッパーやファスナー付き密閉容器に入れ、立てて収納。容器が空になったら洗って冷凍室に入れておく。次の食品を入れるとき、容器が冷えている状態で使えるし、探さなくても良い。

野菜室の写真追加

100円均の収納グッズ使用

コンロ下

シンク下

引き出し

食器棚

カトラリー

皆様の参考になればと思い、写真を追加しました。
おうち時間を、楽しくお片づけをしてみて下さいね!
コロナに負けるな!!

***************************************
一般社団法人 日本清掃収納協会
片づけ収納マイスター
清掃収納マイスター

一般社団法人 生前整理普及協会
生前整理認定アドバイザー

ルチアーナ神戸 代表
後藤 恵子

【認定講座・ショート講座・
5S研修・片づけ~生前整理作業まで】
***************************************

関連記事

  1. 小福山雅治登場?【生前整理普及協会】カンファレンス

  2. 人生会議が必要?実家の片づけに悩む子ども世代を考える

  3. 兵庫県いなみ野学園にて「生前整理」について講義させて頂きました。

  4. 名古屋で初開催!生前整理アドバイザー2級認定講座

  5. 第56期リフレッシュサロンにてセミナーを開催しました。

  6. 阪急阪神百貨店組合員様に「時短家事になる収納術」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




石川県金沢市生まれ。関西育ち。
10年間パソコンのインストラクターとして勤務。
その後、ファイナンシャルプランナーとして金融関係に勤務。
資産運用・相続の相談業務を担当。
相続・遺品整理よりも前にしなければならない大切なことがあると気づき、基本である片づけ・清掃・生前整理を学び実践。
「片づけから生前整理まで」をモットーに作業と普及に務める。


詳しくはこちら







最近の記事

カテゴリー

アメブロ時代のブログ

フェイスブックページ

リンク